アラキドン酸と免疫機能

前へ
次へ

アラキドン酸と免疫機能

アラキドン酸は、脳の発達に欠かせないものです。乳児に必要なものとされていましたが、最近では大人にも必要であることが認識されてきているのです。脳の海馬に多くあることがわかっていて、特に高齢者は認知症予防の観点からも、積極的にとりたい成分なのです。

そのアラキドン酸ですが、いろいろな働きをもっており、なかでも免疫力向上の働きは最近、特に注目されていることなのです。アラキドン酸は、プロスタグランジンの原料になります。プロスタグランジンというのは免疫を調整する働きをもつ生理活性物質の一つです。プロスタグランジンなど生理活性物質の欠乏が持続すると、人間はやがて死亡してしまうこともあるくらい必要なものです。

アラキドン酸などの必須脂肪酸は体に必要なのですが、体内でほとんど合成はできないために、食品から摂取することが必要なものです。最近は食事の欧米化などで脂肪摂取量じたいは増えていますが、不飽和脂肪酸はまだまだ不足している成分なのです。体内でも固まりにくく、血中の中性脂肪やコレステロール値の調整をサポートする機能もあります。

食品では、卵黄や豚のレバー、さわら、うなぎ、サバ、わかめ、ぶり、牛レバー、鶏レバー、いわしの缶詰などに多く含まれています。現代人は免疫力が低下傾向にあるといわれているので、高齢者になるほど免疫力を向上する食品類を積極的にとって健康を維持していきたいものです。ただし過剰摂取は厳禁ですので、こうした食事が摂れている人はアラキドン酸サプリは減らす必要があります。

ページのトップへ戻る